天が味方をしてくれない、
時間と空間が不自然な時期のことです。

知っている事で防げる事もあり、
予知していたから変えられる未来もある

算命学では《 天中殺 》という時期を大変重要視しております。
天中殺とは、12年に1度、2年間。12カ月に2カ月間。12日に2日間というペースで、天が味方をしてくれない、時間と空間が不自然な時期のことです。誰にでも平等に訪れます。
今日の占いブームから「天中殺は悪いことが起こる時期」として認識されている方が多いですが、ゆったりと自分に向き合えば良い充電期になるといえます。天中殺をいかに過ごすかが大切です。子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥の6種類の中から、自分がどの天中殺に属しているかを事前に知ることにより、災いを避ける事が出来、生きる道標が明るく見えて来ます

天中殺別運勢と特性

算命学による2016年(丙申年) 平成28年度(平成28年2月4日〜平成29年2月3日)

 

 

HOME  -  占いの役目  -  鑑定内容・料金  -  鑑定士紹介  -  鑑定所のご案内  -  天中殺とは?  -  占いの学校 みかど学院

Copyright © HOUURANAIYAKATA All Right Reserved.

個人情報保護方針    リンク集    中華街のイベント情報    サイトマップ